ホテルと旅館の違いについて

query_builder 2022/06/01
コラム
35

宿泊施設といえば、ホテルや旅館を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
では、ホテルと旅館は何が違うのかご存知ですか?
おそらく具体的に答えられない方が多いでしょう。
そこで今回は、ホテルと旅館の違いについて解説していきます。

▼ホテルと旅館の違い
■コンセプト
ホテルは、プライバシーの確保を重視している施設です。
一方旅館は、サービスを重視している施設です。
たとえば、1人でゆっくりくつろぎたいという場合はホテル、おもてなしされながら非日常的な雰囲気を味わいたい場合は旅館を利用するのがおすすめです。

■客室
ホテルは基本的に洋室で、10室以上の客室があります。
一方、旅館は基本的に和室で、5室以上の客室があります。
ただ、最近では洋室の旅館や和室のホテルなども増えてきており、自由に選べるようになっています。

■食事
ホテルの食事は洋食が多く、ビュッフェやバイキング形式のところも多いです。
また、夕食が付いていないホテルも多く他の場所で食事を済ませなければならないこともあります。
一方、旅館の食事は和食が多く、仲居さんが部屋まで食事を持ってきてくれます。
旅館では夕食が付いてくることがほとんどで、食事の準備も仲居さんがやってくれます。

▼まとめ
ホテルと旅館の違いは、コンセプト・客室・食事にあります。
ただ、最近では差別化を図って他とは違うホテルや旅館が多くあるので、それぞれの定義が曖昧になっています。
当ホテルでは、和室・洋室とさまざまなお部屋タイプと宿泊プランを用意しております。
ご希望の部屋がありましたら、気軽にお問い合わせください。

記事検索

NEW

  • 夜勤の方も歓迎

    query_builder 2021/11/24
  • ☆長期滞在歓迎割引制度あり☆

    query_builder 2021/11/24
  • 朝食付きのホテルを選ぶメリットとデメリット

    query_builder 2022/06/15
  • ホテルと旅館の違いについて

    query_builder 2022/06/01
  • ホテルは和室と洋室どちらを選ぶべき?

    query_builder 2022/05/15

CATEGORY

ARCHIVE