朝食付きのホテルを選ぶメリットとデメリット

query_builder 2022/06/15
コラム
36

ホテルにはさまざまなサービスがありますが、その中でも人気のサービスが「朝食」です。
プランによって朝食が付く場合と付かない場合がありますが、朝食付きのホテルを選ぶメリットとデメリットとは何なのでしょうか。

▼朝食付きのホテルを選ぶメリット
■朝から贅沢ができる
最近のホテルでは、和食や洋食だけでなく中華料理などさまざまな料理が楽しめます。
朝食はビュッフェ形式のことが多いので、好きな料理を好きなだけ食べることができます。
普段と違う食事ができるのがメリットの1つと言えます。

■自分で朝食を用意しなくてよい
朝はなにかとバタバタしている人が多いでしょう。
そのため、朝食を自分で用意する時間がなく食べずに仕事や学校に向かうこともあると思います。
しかし、ホテルでは朝食がすでに用意されているので、自分で用意する手間を省くことができます。

▼朝食付きのホテルを選ぶデメリット
■費用が高くなる
素泊まりと食事付きの料金を比べると、食事付きのプランの方が割高になります。
そのため、場合によっては自分で朝食を買った方が安く済むこともあるでしょう。

■時間に間に合わなければ食べられない
ホテルの朝食は時間が決まっているので、寝坊して時間に間に合わなければ料金を払っていても食べることができません。

▼まとめ
朝食付きのホテルのメリットは、朝から贅沢ができることと、自分で朝食を用意しなくてよいということです。
一方、素泊まりと比べて費用が高くなり、時間に間に合わなければ食べられないというデメリットもあります。
当ホテルではさまざまな宿泊プランをご用意しておりますので、気軽にお問い合わせください。

記事検索

NEW

  • 夜勤の方も歓迎

    query_builder 2021/11/24
  • ☆長期滞在歓迎割引制度あり☆

    query_builder 2021/11/24
  • 朝食付きのホテルを選ぶメリットとデメリット

    query_builder 2022/06/15
  • ホテルと旅館の違いについて

    query_builder 2022/06/01
  • ホテルは和室と洋室どちらを選ぶべき?

    query_builder 2022/05/15

CATEGORY

ARCHIVE